離婚に強いカウンセラーや弁護士|離婚相談無料キャンペーン

男女

法定離婚をする

女性

離婚で訴訟を行う時は、法定離婚事由という理由が必要になります。法定離婚事由というのは、民法で認められている離婚の理由です。例えば、相手の不貞行為、悪意の遺棄、回復が見込めない強度の精神病などがそれにあたります。このように、結婚生活を維持しがたい重大な問題がある時は、法定離婚事由に該当するのです。不貞行為というのは、平たく言うとパートナーの浮気です。配偶者のあるものが、自分の意思で他の異性と性的な関係を持つことを不貞行為といいます。そして、悪意の遺棄というのは、正当な理由がないのに夫婦として共同生活をしない状態のことを言います。夫婦は、お互いに協力しあい、助けあいながら同居をしなけらばならない義務があります。つまり、別居していたり、助けあう意思が見られないことは悪意の遺棄と見なされるのです。この他にも、3年以上生死不明だった場合などは、離婚請求をすることが可能となります。また、これらの事由に該当しない場合でも、離婚請求が認められる場合があります。離婚事由に当てはまるかどうかは、素人には判断が難しいです。そのため、離婚カウンセラーや離婚弁護士などに相談をするという方法もあります。相談のしかたは個人の判断によるものですが、例えば離婚カウンセラーに相談をしてから、離婚弁護士に離婚裁判の依頼をするという活用方法もあります。離婚は金銭問題などの利害関係が発生しますので、知識のある人に力を借りなければいけない時もあります。

Copyright© 2016 離婚に強いカウンセラーや弁護士|離婚相談無料キャンペーンAll Rights Reserved.